地元自慢とコンプレックス

大分に生まれて23年、大分大好き彩乃です。

大分は誰でも知ってるおんせんの多い県です。その中でも一番有名なのが別府じゃないでしょうか?

別府温泉って誰でも一度は入った事があると思うんですけど、そんな別府でも地元民しか知らないような場所があるんです!

それを少し書きますね。

まず一カ所目は銅山にある銅山の湯です。ここはいわゆる泥湯と言われる(言われてる)白濁とした泥のような色をしたお湯の温泉で、岩風呂です。

周りは山しかなくて自然の中に温泉があるような感じがします。他にも野湯泥湯と神丘温泉があります。

でも、実は白濁としてはいますけど、泥湯ではないんですよ。色がそんな風に見えるんですけどね。

開放的な露天が楽しめます。

それから地元の私たちからしたら最もポピュラーなへびん湯。ここは渓流沿いに温泉があり、4つくらいにお湯が分かれてます。

一番目のお湯が一番熱くて4番目が比較的丁度いいですかね。見た感じは本当に秘湯って感じです。車で結構奥まで入りますしね。

上の2つよりもしっかり整備されてるのが鶴の湯です。ここは無料で入れて地元の人も入りに来たりしてます。

ただ、とにかくお湯が熱いので注意しないとですかね。

さて、ここまで私がおすすめする温泉を紹介しましたけど、そんな私にはちょっとしたコンプレックスがあるんです。

温泉が好きなのでよく入りに行くんですけど、その時は毎回ムダ毛の処理をしないといけないんです。

私は中学くらいの時から結構毛深い方で、カミソリでずっと処理してきました。一度は脱毛も考えましたけど、勇気がでなくて未だに行けてません。本当だったらしっかり脱毛してキレイな肌で温泉に入りたいんですけどね。